社員研修の目的は?エンゲージメントを重視しよう

社員研修の目的は?エンゲージメントを重視しよう

社員研修の目的設定は重要

社員研修を実施するときには経営側が明確に目的を示すのが重要です。社員にとっては何のために忙しい業務時間の一部を使って研修に参加するのか、研修で何を意識して取り組んだら良いのか、研修で学んだことをどのように業務で使ったら良いのかがわからずに悩みになります。この研修の目的は何で、この研修を通して何を変えたいのかがはっきりとしていると、全社員が一丸となって研修に取り組んでくれるでしょう。漠然とした目的ではなく、具体性の高いものを考えるのが大切です。人によって解釈が違ってしまわないように例も挙げて説明してから社員研修の実施に進むのが理想的です。社員研修の効果を上げるための基本としてまず念頭に置いておきましょう。

エンゲージメントを重視しよう

社員研修の目的を何にするかは慎重に考えなければならないですが、何が良いかで迷ってしまうこともあるでしょう。社員研修は本来、もともと目的があって実施するものです。しかし、現場によっては毎年実施することが定められていて、人事担当者が考えなければならないこともあります。この際に社員のモチベーションを上げたいと考えたなら、エンゲージメントを重視して目的を具体化していきましょう。エンゲージメントが高くなると社員が自ら望んで成長していくようになります。社員にヒアリングをしてどういう自分に成長したいかを話してもらい、企業が人材に求めていることと対照しましょう。合致する内容を取り上げるとエンゲージメントを上げられる社員研修を実施できます。

社員研修では、社会人として最低限知っておくべきことや、その企業の基礎知識や実践に役立つような指導を行います。